事業案内

品質保証の考え方

「安心」「安全」「信頼性」を高め製品に命を与える

航空宇宙機器の品質管理には様々な要求がされます。これらの要求に従い製造することで「安心」「安全」で「信頼性」の高い製品となっていきます。
私達、品証研はこれらの要求に合致していることを様々な手法で立証し、お客様の製造した製品に「命を与える」ことが品質保証と考えています。

図
品質保証とは

航空機は人命を預かるもので、非常に厳しい安全性と信頼性が要求されます。
そのため、製品に対する品質保証は、次の通りの考え方で行なわれています。

航空機に求められるもの 品質保証として必要なこと 私たち名古屋品証研は、もの作りの段階での「出来ばえの品質」を保証する仕事に取り組んでいます。
Nadcap承認
Nadcap承認

航空機用部品(複合材、金属材料など)の健全性を確保するため、内部に有害な欠陥がないことを検査で保証する必要があります。
→超音波やX線を使って部品を壊すことなく非破壊で検査をします。

航空機業界では、この非破壊検査を含む特殊工程に対し審査機関の審査を受け、公的にその能力を有する会社であることを証明することができます。これをNadcap認証制度と呼んでいます。

当社はNadcap要求に適合したシステムを確立し、2007年2月にNadcapの認証(NDQ)を取得しました。

この認証に関する情報はWEBで公開され、アクセス権を取得すれば世界中のどこからでも入手することが出来るようになっています。

JIS Q 9100認証取得
JIS Q 9100とは

JIS Q 9100 「品質マネジメントシステム-航空、宇宙及び防衛分野の組織に対する要求事項」は、航空宇宙関連の製造メーカーが、開発から製造・納入に至る一連の作業において、品質を第一にして管理するいわゆる品質マネジメントシステム(QMS)を構築するために必要な要求事項を定めたものです。

1990年代にISO 9000シリーズが話題となり製造業のみならず、金融/サービス業、建設業、運輸業など幅広く認証を取得されるようになりましたが、このISO 9000シリーズに航空宇宙製品に関する特別な要求を追加したものがJIS Q 9100です。

品証研がJIS Q 9100の認証を取った2つの理由

品証研は2000年の7月にISO 9002の認証を取得したのに続き2003年7月にJIS Q 9100の認証を取得いたしました。
私達が働く三菱重工業(株)の工場も、JIS Q 9100の認証を取得されているということも理由の1つではありますが

理由1
JIS Q 9100が航空宇宙製品の安全性、信頼性、耐空性などを含めた高いレベルの要求となっていること
理由2
この認証取得活動を通じて、私達の財産である社員(人)のスキルレベルの向上を常に図っていくための仕組みができること

この2つの理由からJIS Q 9100の認証を取得することにしたものです。

JIS Q 9100

認証範囲:

航空機、宇宙ロケット、誘導機器、航空エンジンなどの製造における諸工程中の検査作業(受入検査、出荷検査、部品検査、組立品検査、非破壊検査、プロセスコントロール試験、校正検査、治工具検査)

JIS Q 9100取得による効果

JIS Q 9100取得により、自らのレベルの評価と自主的に問題改善に取り組む風土ができました

私達の品質マネジメントシステムが構築され、かつ適正に運用されていることを第三者機関に審査していただくことで、自らのレベルを評価することができ、かつ、不十分なところは是正して正しい姿に近づけていくことが出来ることです。
更に第三者の審査を受ける前に自ら監査を実施していますが、問題点があれば自主的に改善に取り組む風土が出来ているところです。
継続は力なりという言葉がありますが、品質マネジメントシステムのサイクルを継続して回し続けることで、私達の品質に対する意識を高め続けることができると考えています。