設備紹介

三次元測定機

三次元測定機

STRATO-Apex162012[ミツトヨ]

弊社では1600×2000×1200mmの大型CMMを保有しております。
ジブクレーンも併設しているため、小中部品に限らず大型部品の測定にも対応可能です。
データ処理ソフトMCOSMOSにはCAT1000PSを追加しており、CADモデルに対する比較形状測定が可能です。

ジブクレーン

ジブクレーン

特徴:旋回半径3m、耐荷重量490kg
耐荷重量490kgのジブクレーンをブース内に設置しておりますので、大型部品や治具等の測定が可能です。

表面粗さ・輪郭形状測定機

表面粗さ・輪郭形状測定機

フォームトレーサSV-C3200W4[ミツトヨ]

部品等の表面形状トレースし、測定を行うことで対象物の輪郭形状評価を行っております。
また、形状のみならず表面粗さの測定評価を行っております。

ワンショット3D形状測定機

ワンショット3D形状測定機

VR-3000[キーエンス]

光の反射を測定原理とした非接触型の粗さ形状測定器を用いて、測定物に対して3Dでの測定評価を行っております。

恒温ブース

恒温ブース

特徴:3重構造
ブース周囲を3重構造のエアロキューブによって構成することで、ブース内温度を±2℃の恒温環境を確立しております。
更にブース内に2重扉を設け、測定器及び製品の温度によるばらつきを最小限にし、より高精度な測定を心掛けております。

温度・湿度計

温度・湿度計

定期校正を行うことにより高い測定精度を維持した温湿度計を複数使用し、恒温ブース内環境のモニタリングを行っております。
また、測定した温度及び湿度はリアルタイムでデータ記録を行い、ブース内温湿度の維持管理を徹底しております。

© 2018 Nagoya Quality Assurance Technology Co., Ltd.